保水力を上げるための基本ケア

厳しい暑さもいつの間にか終わり、秋本番という感じになってきましたね。

お肌にとって乾燥注意報が出る季節です。乾燥はお肌にとってマイナスなことだらけ。

シワやたるみの原因になるだけでなく、乾燥を防ごうとするとお肌は皮脂を過剰に分泌します。

過剰に分泌された皮脂はきちんと取り除いてあげないと毛穴に残り、毛穴の開きつながります。

そうすることでニキビや黒ずみが増えるなど様々なトラブルを引き起こします。

乾燥は本当に怖いですね。

 

そこで乾燥肌対策!

 

乾燥対策というと、思い浮かべるのが【保湿】だと思いますが、水分を補っても保湿にはならないのです。

外からいくら水分を補っても、【保水力】がなければ、その水分はすぐに蒸発してしまいます。

今回はその【保水力】を上げるための基本的なケアのおさらいをしていきましょう。

 

まず初めに、【保水力】とは、水分を肌にとどめておく力のこと。

この力が弱いと、いくら保湿ケアをしても水分は蒸発していくだけ。

逆に言うと、保水力が高いと乾燥知らずの潤肌でいられるということですね。

 

では、保水力を高めるために何をするかというと、まずは【洗顔】

お肌の土台ができていないと保湿は意味のないものになってしまいます。 乾燥肌対策にまず大切なことは「洗顔」です。

乾燥するからと言って洗顔を怠るのは大変危険なことです。

 

皮脂は寝ている間でも分泌されています。 きちんとした洗顔で余計な皮脂を取り除かないと、酸化した皮脂がお肌に残り ”ベタベタ肌” に。

肌表面に残った皮脂は肌老化のもとになるので、朝晩2回の洗顔がとっても重要です。

「ベタベタ肌」と「潤い肌」は全く別なものです。しっかり洗顔をして、保湿をする準備をしましょう。

 

洗顔の後は化粧水で保湿をします。

使用する化粧水のテクスチャーは特にこだわらなくても問題ありません。 こってり濃厚なテクスチャーだから保湿力が高いということではないのです。

むしろテクスチャーにこだわるよりは、保湿成分の入った化粧水をたっぷり使用するほうが効果的です。

ベタベタするのは好きじゃないからと、濃厚なこってり化粧水を少量使用するよりは、さっぱりタイプの化粧水をたっぷりと使用することが大切です。

また、化粧水を使用する際パチパチとたたきながら行う人がいますが、赤ら顔やシミの原因になりかねないのでNGです。

 

さて、肝心の付け方。

たっぷりの化粧水を時間をかけて、やさしく抑えるようにお肌へなじませていくことが大切です。

コットンでも手のひらでもどちらでもいいのですが、大切なのは使用量。

コットンだと、たっぷりしみこませないといけませんし、ついお肌をこすりがちに。

個人的には手のひらでお肌の状態を確認しながらつけてくことをおススメします。

保水力の少ない人は、一度つけただけではお肌に浸透していかないかもしれません。

べちゃべちゃした感じが残るようなら保水力が低くなっているサインかも。

少量を抑えるように優しくつけ、乾燥したらまたつける。 これを何度か繰り返すともっちりした吸いつくような肌に変わります。

毎日続けているうちに、もっちりするのが早くなってきます。

これが保水力が高まった証拠。

少々面倒かもしれませんが、キメの整った潤い肌をキープするには、たっぷり時間をかけて保水力を高めるスキンケアを行ってください。

そして、何より大切なのは「綺麗でいる」という心構えかもしれませんね。

 

次回は保水力を高めた肌をキープするための効果的な方法をご紹介したいと思います。

 

スキンケアアドバイザー 陽子

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

Comments are closed.